ブログ

平成29年度補正予算ものづくり補助金公募開始!!

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(ものづくり補助金)の公募が、平成30年2月28日(水)に開始されました。

公募期間について


公募期間は平成30年2月28日(水)〜4月27日(金)〔消印有効〕です。

平成29年度補正(平成30年実施)「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(ものづくり補助金)とは?


ものづくり補助金とは国から支給される補助金制度です。中小企業・小規模事業者が、認定支援機関と連携して、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の費用に対して2/3(もしくは1/2)まで補助金が支援され、支援される補助金額は最大1000万円です。

ものづくり・商業・サービス革新事業補助金(補助額:1,000万円)


新規事業に伴う設備投資等(ソフトウェアの開発も可)について、最大1,000万円の補助金が申請可能です。

  • 公募時期(予想):平成30年2月28日(水)~4月27日(金)〔消印有効〕まで
  • 補助額:
    一般型・・・支出額の2分の1(1,000万円が上限)条件により3分の2適用もあります。
    小規模型・・・小規模事業者に該当すれば3分の2(500万円が上限)
  • 予算:1,000億円
    対象企業:全業種(医療法人は対象外)、個人事業も対象です。

事例


ex.1 600万円の機械装置を購入する場合、400万円補助金獲得(小規模型の小規模事業者)
ex.2 2,000万円の機械装置を購入する場合、1,000万円補助金獲得(一般型)

昨年との違い


  • 補助上限3,000万円は廃止。
  • 予算が去年700億円に対して、今回は1,000億円に増額で1万件(前回は約6千件)の採択を目指すとされています。
  • 一般型の補助率が2/3→1/2
  • 小規模型の新設(小規模事業者*1は、補助率2/3)
  • 経営力向上計画は、前回同様加点要素です。申請中も加点要素となります。

*1 小規模事業者とは、中小企業基本法では中小企業者の範囲と小規模企業者の定義を次の表のように規定しています。(小規模事業者と中小企業の違い)

2次公募について


2次公募も予定されているようですが、開始時期及び実施内容は現時点では未定です。

是非一度、無料相談をご利用ください。

関連記事

  1. ものづくり補助金1000万円獲得のチャンス!平成29年度補正予算…
  2. ものづくり補助金:申請代行【広島、山口、島根】

最近の記事

PAGE TOP