ブログ

貸借対照表【入門】

貸借対照表とは


貸借対照表とは、企業の一時点の財政状態を明らかにした報告書です。貸借対照表は資金をどこから得て(負債及び純資産)どのように運用(資産)しているかを示しています。

クロスク 貸借対照表

資産とは


企業が事業活動を営むために必要な備品、機械装置、土地建物などの有形資産と、売掛金や貸付金のように無形資産などから構成されます。

  • 現金:企業が保有する紙幣や硬貨
  • 預金:普通預金、当座預金、定期預金(1年を超えるの預金は長期性預金)
  • 売掛金:得意先に後払いの約束で売上げた金額。つまり「つけ」のこと
  • 貸付金:金銭を貸し付けている金額
  • 備品:机、キャビネットなどの什器、パソコン、コピー機など
  • 機械装置:事業活動に利用される機械や装置
  • 建物:自己所有の店舗や倉庫など建築物
  • 土地:自己所有の店舗、倉庫などの用地

負債とは


負債とは将来支払義務のある債務です。

  • 買掛金:後払いの約束で商品や材料を仕入れに伴い生じる債務。つまり「つけ」のこと
  • 借入金:銀行などから借り入れる資金

純資産とは


純資産とは資本とも言われ、資産総額から負債総額を差し引いた金額である。事業を開始する際に払い込む、払込資本(資本金など)と事業運営に伴い獲得した利益(利益剰余金)などから構成されます。

  • 資本金:事業開始の際に払い込む金額
  • 利益剰余金:事業開始後に獲得した利益、いわば企業の貯金です。

 

資産 – 負債 = 純資産

資産 = 負債 + 純資産 ⬅️ 貸借(右左)が一致します。

損益計算書と貸借対照表の関係


損益計算書で計算される当期純利益と、貸借対照表の当期純利益(当期増加した利益剰余金)は一致します。資産、負債、収益、費用は、何かが増加すると何かが減少したり発生し、何かが減少すると何かが増加したり発生するように貸借平均の原理によって取引が記録されているためです。これを複式簿記といいます。

クロスク 損益計算書と貸借対照表の関係1

 

公認会計士 黒田健治

関連記事

  1. 損益計算書【入門】
  2. 損益計算書と貸借対照表【超入門】

最近の記事

PAGE TOP