ブログ

損益計算書【入門】

損益計算書とは


損益計算書とは、企業のある一会計期間の経営成績を明らかにした報告書です。

損益計算書は、収益と費用から構成され、それらの差額が当期純利益(マイナスの場合は当期純損失)です。

クロスク 損益計算書

収益とは


収益とは企業が商品や製品を販売したり、サービスを提供したり、お金を預金または貸してあげることにより発生する受取利息などの収入です。これらは企業の純資産を増加させることになります。

  • 売上:商品や製品の販売高、サービスの提供金額
  • 受取利息:預金の利子や貸付金の利子

費用とは


費用とは販売された商品の仕入金額、販売された製品の製造原価、商品や製品を販売するためにかかった人件費や家賃などの支出です。これらは企業の純資産を減少させることになります。

  • 売上原価:販売された商品の仕入金額、販売された製品の製造原価
  • 仕入:商品の仕入高
  • 給与:商品や製品を販売するための人件費や管理するためにかかる人件費
  • 支払利息:銀行などからの借入金に対する支払利息

 

収益 – 費用 = 当期純利益

収益 = 費用 + 当期純利益  ⬅️ 損益計算書の貸借(右左の合計)が一致する。

損益計算書と貸借対照表の関係


損益計算書で計算される当期純利益と、貸借対照表の当期純利益(当期増加した利益剰余金)は一致します。資産、負債、収益、費用は、何かが増加すると何かが減少したり発生し、何かが減少すると何かが増加したり発生するように貸借平均の原理によって取引が記録されているためです。これを複式簿記といいます。

クロスク 損益計算書と貸借対照表の関係1

 

公認会計士 黒田健治

関連記事

  1. 貸借対照表【入門】
  2. 損益計算書と貸借対照表【超入門】
  3. 新年のご挨拶
  4. 新たなチャレンジ応援!

最近の記事

PAGE TOP