ブログ

損益計算書の読み方【基礎】

損益計算書の5つの利益


損益計算書は、収益売上高、営業外収益、特別利益の3つにわけ、費用売上原価、販売費及び一般管理費、営業外費用、特別損失、法人税等の5つに分類し、5つの利益(売上総利益、営業利益、経常利益、税金等調整前当期純利益、当期純利益)を計算します。

損益計算書数字有り

売上総利益


売上総利益 = 売上高 - 売上原価

 

売上高から売上原価を差引いた利益です。「粗利」とも言われます。

売上高:本業として商品・製品を販売、サービスを提供した金額です。

売上原価:売上げたものに対する、仕入や製造にかかった費用です。

営業利益


営業利益 = 売上総利益 - 販売費および一般管理費

本業から得られた利益です。売上総利益から販売費及び一般管理費を差引き求められます。

 

販売費及び一般管理費:企業の一般管理業務及び販売に要した費用である。通常、販管費と略されます。

一般管理費:社員の給料・賞与(製品を製造する人件費は労務費といい、製造原価(売上原価)に含まれます。)、福利厚生費、交際費、旅費交通費、通信費、租税公課などが該当します。

販売費:販売に直接要した費用であり、販売手数料や広告費などが含まれます。

経常利益


経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用

本業により得た営業利益に、本業ではないが経常的に発生する利益及び費用を調整した利益です。

 

営業外収益:受取利息や受取配当金、有価証券の運用益など。

営業外費用:支払利息や有価証券の運用損失など。

 

税金等調整前当期純利益


税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別損失

税金を支払う前の最終的な利益のことです。

 

特別利益:臨時・多額に発生した利益。固定資産売却益など

特別損失:臨時・多額に発生した損失。固定資産売却損や減損損失など、その期だけに特別に発生した費用。

 

当期純利益


当期純利益 = 税引前当期純利益 - 法人税等

最終的に残った利益です。

法人税等:法人税、住民税および事業税です。利益に連動する税金であり、利益に連動しない固定資産税などは販管費の租税公課に含まれます。税率は30%程度です。

 

公認会計士 黒田健治

関連記事

  1. 貸借対照表の読み方【基礎】
  2. キャッシュ・フロー計算書の読み方【基礎】

最近の記事

PAGE TOP